ナシ婚って意外と多いの?ナシ婚カップルにこそフォトウェディングがぴったり!

公開日:2022/09/15  最終更新日:2022/09/20


近年、結婚の形の多様化や社会情勢の影響で、結婚式を行わずに籍だけを入れるナシ婚を選択するカップルが増えています。ナシ婚は費用や準備期間の面でさまざまなメリットがある一方、安易に選択すると後悔してしまうこともあります。ナシ婚を後悔しないためには、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。

現在ナシ婚がスタンダード化している

2010年以降、ナシ婚は増加傾向にあります。2021年の調査では、入籍したカップルのうちの約半数がナシ婚を選択したという調査もあります。ナシ婚の選択にはどのような理由があるのでしょうか。

結婚式以外にお金を使いたいから

挙式・披露宴にかかる費用は、2021年の平均額で292万3,000円(税込)となっています。親や親戚から資金援助がある場合や、祝儀をあてる場合もありますが、それでも自分たちで大部分の費用を負担する必要があります。結婚式にかかる費用を新生活の準備や新婚旅行に使いたい、と考えるカップルは少なくありません。

準備が大変だから

結婚式の準備は約1年前から始まることが多く、衣装合わせや料理の内容を決めるのに何度も式場に足を運ぶことになります。招待状やプチギフトを手作りする場合は、その準備のための時間も必要です。仕事などで忙しいカップルや、ふたりが離れたところに住んでいる場合は、予定がなかなか合わず結婚式の準備をスムーズに進められないということもあります。

子どもを授かったから

妊娠中は体調が変化しやすく予定を立てづらいため、結婚式をしたい気持ちはあるけれどできないということもあります。子育てが始まると、日々の忙しさで結婚式の準備に手が回らなくなってしまいます。

人前に出るのが苦手だから

大勢の招待客の前で挨拶をしたり、目立つことが苦手なカップルにとって、挙式や披露宴は心理的な負担が大きく、避けたいと考える場合も多いようです。

ナシ婚はやっぱり後悔する?

周りのカップルが結婚式を行う中で、ナシ婚を選択したら後悔してしまうのではないか、と不安に感じてしまうこともありますよね。ナシ婚を選択しても後悔しないために大切なポイントを紹介します。

結婚のセレモニーを行う

結婚式を行わないナシ婚ですが、代わりに何らかの形で結婚のセレモニーを行えば、結婚の証を記念に残すことができます。大勢での結婚式はしないけれど、家族だけの食事会を開いたり、少人数でのお披露目会をするという選択もあります。また結婚式に費用をかけない分、結婚指輪や新生活のインテリアなどをこだわって選ぶのもよいでしょう。

親しい人への結婚報告は忘れずに

結婚式は普段会う機会の少ない親戚や友人へ結婚報告ができる場でもあります。ナシ婚を選択するとその場がなくなってしまうので、お世話になったひとりひとりに結婚の報告をしなくてはなりません。面倒だと感じるかもしれませんが、結婚報告がなかったり遅れたりすることが原因で親戚トラブルに発展する場合もあります。親しい人へは日頃の感謝の言葉を添えて必ず結婚報告をしましょう。

ナシ婚を後悔しないためには

ナシ婚を後悔しないためにはふたりの気持ちが一致していることが何よりも大切です。ナシ婚を選択しても、ウェディングドレス姿だけは両親に見せたい、感謝の気持ちを手紙にして伝えたいなどの希望は大切にしましょう。

結婚の証を形に!フォトウェディングを利用しよう

結婚式は行わないけれど結婚の記念を何か形に残したいというカップルには、ウェディングドレスや着物を着て写真を撮影し思い出に残すことができるフォトウェディングがおすすめです。

結婚式よりも費用がかからない

フォトウェディングにはスタジオ撮影とロケーション撮影があり、それぞれにかかる費用の平均額はスタジオ撮影が17万円8,000円、ロケーション撮影が18万円1,000円となっています。結婚式に比べて費用が抑えられるので、費用面が心配で結婚式を諦めるカップルも、ウェディングドレスを着たいという夢を叶えることができます。

小物や背景にこだわることができる

ヘアアクセサリーや撮影小物の持ち込みが可能なプランを選べば、フォトウェディングであってもこだわりの1枚を撮影することができます。スタジオ撮影の場合はひとつのスタジオで何種類もの背景セットが用意されていることが多いので、衣装や小物の雰囲気に合わせた背景を選ぶことができるのもフォトウェディングならではの魅力です。

打ち合わせの回数が少ない

フォトウェディングは撮影当日までの打ち合わせ回数が少ないため、忙しいカップルにはぴったりです。あらかじめ希望するヘアスタイルやドレスの形を決めておけば、衣装選びに時間がかかることもありません。ウェディング雑誌の写真で気になるものがあれば複数枚切り抜いて保存しておきましょう。

思い出の場所で撮影できる

フォトウェディングでロケーション撮影を選べば、ふたりの思い出の場所で撮影することができます。緑豊かな公園や海など、これまでふたりで一緒に出かけた場所で撮影をすれば、フォトウェディングがさらに素敵な記念になります。本物のチャペルや日本庭園で撮影をするプランもあります。

まとめ

結婚は人生の大切な節目のひとつです。結婚式を行うのか行わないのか、行わない場合は記念として別の形で結婚の証を残すのか、ふたりでよく相談して決めることが何よりも大切です。後悔のないように、セレモニーとして希望することがある場合は早めに考えておきましょう。また結婚は本人同士だけでなく家族の新たな結びつきも意味します。周りから祝福されて、幸せな新生活をスタートさせましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH
【名古屋市】おすすめのフォトウェディングスタジオ
studio Midi.
studio Midi.の画像
studio LUMINOUS
studio LUMINOUSの画像
スタジオエイト
スタジオエイトの画像
Photo Studio enish
Photo Studio enishの画像
オレンジスタジオ
オレンジスタジオの画像

新着記事

近年、結婚の形の多様化や社会情勢の影響で、結婚式を行わずに籍だけを入れるナシ婚を選択するカップルが増えています。ナシ婚は費用や準備期間の面でさまざまなメリットがある一方、安易に選択すると後悔
続きを読む
フォトウェディングは、新しい結婚式の形として注目されています。結婚式と同じ位置づけで行われるものなのでとても大切なイベントと言えるでしょう。そして撮影した写真は一生ものです。女性なら一番きれ
続きを読む
フォトウェディングでは、スタジオの中に様々な小物が用意されていて自由に使うことができます。小物を使うことで緊張感がほぐれたり、より素敵な写真を撮影することができますが、実は持ち込みOKのスタ
続きを読む